しののね日記

伊藤志野ののほほん日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園

ようやく、梅雨らしくなりましたね。
って、遅い気もしますが…

先日、保育園の参観日でした。
いつものようにしてくださいとのことだったので、いつものように、お琴のお稽古。
4月から始めたばかりの子達ですが、今で、3曲目。
月に2回しかお稽古がないのですが、なかなか良い音出します。
子達用に、池上眞吾さんに作ってもらった「ちゅんちゅんすずめ」。

いつものように、ライオン組さん(5歳児クラス)を4チームに分けてお稽古を始めたのですが、
ちらほら、いつもと違う雰囲気の子が…

体が固まってる…
そして、いきなり大きなため息をついたので、「どうしたのぉ?」と聞くと、ご両親が参観してるとのこと。
緊張してるンです。

カワイイ♪

きっと、いいとこ見せようと思ってるのでしょう、緊張しすぎて、いつもより弾けない…
というか、私達は、お琴の音色、お琴を知って貰い、楽しんで貰うためにお稽古しているので、弾けなくてもいいんです。
5歳だと、まだまだそれぞれ、テンポがあるので、今弾けなくてもOK。

子達に、「いいんよ~」と言ったけれど、親御さんにちゃんと伝わってるかな?

いつものようにとのことなので、休憩にリトミック。
正座をずっとしているのは、きついので、体を動かします。

これは、いずれ、みんなで合奏するときに、みんなで同じテンポを取るための練習です。
傍目には、完全に遊びにみえますが…

子供達が、弾けても弾けなくても、お稽古の最後に「弾けた人!」といって、「は~い!」といって、全員手をあげれば、OKです!

来週のお稽古も楽しみです♪

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。