しののね日記

伊藤志野ののほほん日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地歌箏曲の楽しみ

いよいよあと4日!!

伊藤志野と片岡リサによる 地歌・箏曲の楽しみ ちょっとレトロな家庭音楽はいかがですか?

長いタイトルです(笑)

このお仕事のお話をいただいたのが、ちょうど去年の今頃です。

私が普段、お世話になっています、久保田敏子教授が今、京都コンサートホールの委員をされているため、私にこのような機会を与えてくださいました。

一緒に演奏する片岡さんは、以前久保田先生の研究会でご一緒させていただいてからの知り合いです。

今回、二人だけでの演奏ということもあり、気合いれなければっ!

今回のコンセプトは、普段邦楽になじみのない方でも、昔は、これが流行音楽、家庭音楽だったのよ~という観点から、わかりやすい曲を揃え、なおかつ、いろいろおしゃべりや、はてまた皆様にも参加していただいてなどという、身近に感じてもらえるようにとの内容になっています。

ぜひぜひっ!!聞きに来てくださいませ。

場所は、京都コンサートホールのアンサンブルムラタです。
北山に、お散歩がてらふら~っといかがですか?

チケット絶賛発売中です!!


そういえば、今日の朝日新聞に先日の取材していただいた記事が載ってるとか…
みてないのでなんともいえませんが、見つけたかた…
スキャンして、送ってください(笑)
京都版が手に入らない…

そうそう、今回は私個人的にもうひとつ目玉が!
実は、知り合いの画家さん「畑ゑりこ」さんに、着物を書いてもらったんですよ。

『音衣』
otogoromo


とても素敵な着物です。

書いてもらって、染めてもらって、そりゃぁもぉいろんな方の手によって、出来上がった作品。

これも楽しみにしてください。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。